美貌と骨盤ダイエット実現の名人からのお知らせ

「美貌と骨盤ダイエット実現の名人からのお知らせ」から美容対策

この度は「美貌と骨盤ダイエット実現の名人からのお知らせ」へご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。
当サイトでは気になる骨盤ダイエットに関する情報を多数お届けしています。

 

まさに死に物狂いで運動やエクササイズをして自分の目標体重にまで落とそうとされている人も多いかと思います。
しかしその結果体調を崩してしまったら台無しであり、骨盤ダイエットで健康的にも有効なダイエットを実践しましょう。自分にとって最高の美容というのは、人生において様々なヤル気や自信を持つことが出来るようになります。
普段の生活を改善したところでどうにもならないこともあるので、まずは骨盤ダイエットから始めてみましょう。

 

老化によっての骨盤の歪みは改善をすることは出来ませんので、早い段階で毎日の予防をしなければいけません。
後になって「こんなハズじゃなかった」とならないためにも、骨盤枕や骨盤ベルトなどを利用した骨盤矯正をしておきましょう。





美貌と骨盤ダイエット実現の名人からのお知らせブログ:2022/9/25
まだ新米の父親とお母さんだったわしたちが、
抱っこすれば筋肉痛、泣く度にあたふた、
オムツ替えの時、緑色のうんこが出てきただけで
大騒ぎしていた頃…

男の子が生まれて1週間が経ち、退院の日となった。

一応、入院中に、ミルクの飲ませ方、入浴方法等、
基本的事項は伝授されていたが、
こんなに小さくてか弱い存在を、
果たして自分たちだけで育てていけるのか、
わしは心中穏やかではないどころか、嵐が吹き荒れていた。

家に帰って、我が家で初めてのミルクの時間。
奥さんがおっぱいを飲ませた後、
哺乳瓶でミルクを飲ませるのがわしの役目だ。

吸い口を男の子のクチに当てると、
男の子は吸い口にかぶりつき、勢いよく飲み出した。

小さいながらも、
一生懸命ミルクを飲む姿に、思わず目頭が熱くなる。
ましてや、自分のおっぱいを飲ませるお母さんにしてみれば、
何よりも愛しい存在に思えるだろう。

ほっとしたのも束の間、
男の子は飲まなければいけない量の半分で飲むのをやめた。

鼻とクチの間を、吸い口の先で
ちょんちょんと刺激しても何の反応も示さない。
病院では、これぐらいの量は楽勝で飲んでいたのに…

わしは何度も呼びかけ、肉体を揺すったりしてみたが、
やはり男の子は無反応である。
わしの肉体中から、変な汗が噴き出してきた。

奥さんが慌てて駆け寄り、
男の子を抱えあげ何度も呼びかける。
二人して、大声で何度も呼びかけた。
もう涙が出てきそうだ。

わしは動転している頭の中で、
病院でのやり方と何か違った点がなかったか必死に考えた。
いや、何も違ったところはない。完璧だ。

わしは、男の子の鼻先に耳を当ててみた。
「スースー」
男の子の気持ちよさそうな寝息。

お腹がいっぱいになり、
男の子はただ寝ていただけだった。

このページの先頭へ戻る
美貌と骨盤ダイエット実現の名人からのお知らせ モバイルはこちら